ロックに恋して!

好きな音楽について綴るよ!たまにそれ以外も!

暑さ対策に神聖かまってちゃん

 暑い。暑いぞ。いよいよ(いよいよ?)暑くなってきた。日中はもちろん、夜も半袖で過ごせるくらいだ。

 
 暑いと、汗ばむし、汗ばむから、とても汗ばむ。でもって服がさ、汗を含んで、肌にべちょってくっつくの、嫌だよね。イライラするよね。
 
 でも安心してください!そんなあなたに!イライラしちゃって服を引き裂いてやろうかとでも思っているあなたに!うってつけのバンドが!うってつけの曲が!ございます!
 
 そうその名も!神聖かまってちゃん!で!23才の夏休み!
 
 って、今更大きな声で言う必要はないか。
 
 
 いやー、青春(良いものとも悪いものとも言ってない)を思い出す。嗚呼、エモーショナル。
 
 まだ夏とは言えないかもしれないけど、この疾走感は暑さにぴったり。個人的にイントロのガッガッガッガッっていうギターの音と、イントロのピアノのリフが好きすぎる。イントロが最高すぎる。
 
 そして歌詞。歌詞も良い。

君が僕にくれたあのキラカード

キラカードという単語を使って、この一行だけで少年時代のことを表している。これだけ短い一文で、それが表現できるのは凄い。

君は今どこにいる何をしている

僕には関係ないのにね

だけど気にしてしまう僕がそこにいるのさ

 
 この部分特に好き。音だけでもエモいのに、歌詞がさらにエモい。
 
 特段未練があるわけではない人も、これを聴けば、ふとその人にとっての君を思い出したり…しない?しないかな。ちなみに、人生のいろいろに未練タラタラな俺はかなり共感できるぞ。ホントに。
 
 ここまで褒めてきたが、ただ褒めるだけだと嘘くさくなるよね。まぁ好きだから仕方ない。でも、最初から好きだったわけじゃない。
 
 神聖かまってちゃんを初めて聴いたときの衝撃は凄まじかった。な、なんだこれ!?って感じで、好きという感情は湧いてこなかった。むしろ嫌悪感さえ抱いた。
 
 ノイジーな音に、ボーカル"の子"のエキセントリックな歌声。正直、最初は受け入れ難かった。でも、なんとなくクセになって、繰り返し聴いているうちに、自分でも知らぬ間に好きになっていた。本当クセになるバンドだ。

f:id:bananatomato:20160530084955j:image
 
 …そろそろ締めようかと思ったけど、神聖かまってちゃんの記事を書いておいてこの曲を貼らないのもね…ってことで、貼る。

 ロックンロールは鳴り止まないっ
 
 
 
MD取っても、イヤホン取っても

なんでだ全然鳴り止まねえっ